アニメ「ARIA」最新作は今冬公開、藍華と晃が向き合うビジュアルと特報を解禁

アニメ「ARIA The BENEDIZIONE」ティザービジュアル

天野こずえ「ARIA」を原作にした新作アニメ「ARIA The BENEDIZIONE(アリア ザ ベネディジオーネ)」の公開時期が2021年冬に決定。併せてティザービジュアルと特報映像が公開された。

「ARIA The BENEDIZIONE」はアニメ「ARIA」シリーズのプロジェクト「蒼のカーテンコール」3部作の最終章にあたる作品だ。姫屋の藍華と晃が向き合い、互いにバラとクローバーを差し出す姿が描かれたティザービジュアルは、本日3月21日に行われた公開御礼舞台挨拶にて解禁された。さらに「ARIA The BENEDIZIONE」の特典付劇場前売券が、3月26日より全国の劇場で発売されることも発表に。券面は藍華、晃、あずさ、灯里、アイがそれぞれデザインされた全5種がラインナップされ、特典にはティザービジュアルのイラストを使用したクリアファイルが用意された。

本日行われた舞台挨拶では、「ARIA The BENEDIZIONE」にてメインで描かれる藍華役の斎藤千和と、佐藤順一総監督が、新作について言及する場面も。斎藤は「ぬるくはやれないな(笑)」と意気込みを語り、「ちょっと泣いちゃうかもしれない」と話す。それを聞いた佐藤総監督は「泣かしにいきますよ」と感動作となることをニヤリと笑いながら伝えた。

アニメ「ARIA The BENEDIZIONE」

2021年冬公開

配給:松竹ODS事業室

(c)2021 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー