餅月あんこ、中山敦支ら7名が寄稿、ファミ通「スプラトゥーン2」78ページ特集

「スプラトゥーン2」特集で餅月あんこが執筆した「ドラネコシアター2019」。全体像は誌面で確認を。

ゲーム「スプラトゥーン2」の特集を、本日7月18日発売の週刊ファミ通2019年8月1日号(KADOKAWA)が掲載。78ページの大ボリュームで、マンガ家による寄稿も収められている。

「スプラトゥーン2」特集に寄稿をした作家は、しろまんた、高橋きの、中山敦支ひのでや参吉平方昌宏渡辺カナ餅月あんこの7名。 餅月は、過去に同誌で連載をしていた代表作「ドラネコシアター」の特別編を執筆しており、ファミ通に登場するのは13年ぶり。なお同特集ではゲーム内に登場するユニット・シオカラーズを演じるkeity.popと菊間まり、テンタクルズを演じるいとうりなとAliceのインタビューや、実際に販売されている「スプラトゥーン」Tシャツの紹介記事なども掲載された。