「屋根裏のラジャー」自分のイマジナリが作れるMYイマジナリメーカー登場

MYイマジナリメーカーバナー

スタジオポノック最新作「屋根裏のラジャー」とauがコラボ。オリジナルキャラクターを創作できるコンテンツ・MYイマジナリメーカーが登場した。

イマジナリとは、「屋根裏のラジャー」で描かれる“想像上の友達”のこと。MYイマジナリメーカーは自分オリジナルのイマジナリを制作できるAIコンテンツだ。自身のイマジナリの姿をイメージしたうえで見た目をテキスト入力し、性格や一緒にやってみたいことを選択するだけで、「屋根裏のラジャー」およびスタジオポノックの作品を学習したAIがキャラクター画像を生成する。auの公式X(旧Twitter)アカウントでは、MYイマジナリメーカーで、イマジナリの画像を投稿すると抽選でオリジナルプレゼントが当たるキャンペーンもスタート。西野七瀬がイマジナリと一緒に、想像力の世界を旅するCMも公開された。

MYイマジナリメーカーで生成したオリジナルキャラクターが登場する物語を創作コンテスト「MYイマジナリアワード」も開催。中学生以上コースと小学生以下コースの2部門で募集しており、受賞者には生成したオリジナルキャラクターをスタジオポノックのアニメーターが描いたイラストなどの特典が進呈される。応募締め切りは2024年1月31日。12月12日には東京都内の小学生向けに、東京学芸大学准教授・登本洋子氏監修のワークを通じてAI技術と人間の想像力について学ぶ特別授業を実施する。

本日12月8日から「屋根裏のラジャー」の制作舞台裏などがわかるメイキング映像をau公式YouTubeやTELASA、auスマートパスプレミアムなどで配信。また1月5日までの期間中にau PAYアプリにログインすると、アプリ内お知らせ欄掲載のURLからダウンロードできるオリジナルLINEスタンプがもらえる。さらにau PAYを利用して毎月5の付く日と8日の“たぬきの吉日”に対象加盟店で買い物をすると、抽選で500人にオリジナル図書カード500円分をプレゼント。auスマートパスプレミアム会員向けに「屋根裏のラジャー」をいつでも1100円で鑑賞できるクーポンや、マクドナルドにて使える公開記念クーポンをプレゼントするキャンペーンも行われる。

12月15日に公開される「屋根裏のラジャー」は、「メアリと魔女の花」のスタジオポノックが手がける約6年ぶりの新作長編アニメーション。イギリス文学協会賞などを受賞したA・F・ハロルドの小説「The Imaginary」が原作のファンタジー作品で、愛を失った少女・アマンダの想像から生まれた誰にも見えないイマジナリの少年・ラジャーを主人公に、現実と想像が交錯する世界で繰り広げられる大冒険を描く。

「屋根裏のラジャー」

2023年12月15日(金)全国東宝系にて公開

原作:A・F・ハロルド「The Imaginary」(「ぼくが消えないうちに」こだまともこ訳・ポプラ社刊)
監督:百瀬義行
プロデューサー:西村義明
制作:スタジオポノック
製作:「屋根裏のラジャー」製作委員会
配給:東宝

キャスト

ラジャー:寺田心
アマンダ:鈴木梨央
リジー:安藤サクラ
エミリ:仲里依紗
オーロラ:杉咲花
ジンザン:山田孝之
ダウンビートおばあちゃん:高畑淳子
老犬:寺尾聰
ミスター・バンティング:イッセー尾形