浦沢直樹と荒木飛呂彦が東京2020オリンピック・パラリンピックのポスター制作

東京2020オリンピックのロゴ。

浦沢直樹荒木飛呂彦が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式アートポスター制作に携わることが明らかになった。

この「東京2020 公式アートポスター・プロジェクト」では、国内外のアーティストが、オリンピックまたはパラリンピックをテーマにした芸術作品を制作し、その作品を東京2020大会のポスターとして活用。浦沢はオリンピックを、荒木はパラリンピックをテーマに作品を制作する。

「東京2020 公式アートポスター・プロジェクト」参加アーティスト

オリンピックをテーマとする作品の制作者

浦沢直樹(マンガ家)、大竹伸朗(画家)、大原大次郎(グラフィックデザイナー)、金澤翔子(書家)、鴻池朋子(アーティスト)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、野老朝雄(美術家)、ホンマタカシ(写真家)、テセウス・チャン(アートディレクター)、ヴィヴィアン・サッセン(写真家)、フィリップ・ワイズベッカー(アーティスト)

パラリンピックをテーマとする作品の制作者

荒木飛呂彦(マンガ家)、柿沼康二(書家)、GOO CHOKI PAR(グラフィックデザイナー)、新木友行(アーティスト)、野老朝雄(美術家)、蜷川実花(写真家・映画監督)、森千裕(美術家)、山口晃(画家)