藤本タツキの新作読切「さよなら絵梨」ジャンプ+で公開、200Pの大ボリューム

「ルックバック」

藤本タツキの新作読み切り「さよなら絵梨」が、本日4月11日に少年ジャンプ+で公開された。

「このマンガがすごい!2022」のオトコ編第1位を獲得した「ルックバック」以来となる藤本の読み切り「さよなら絵梨」。主人公の少年・優太は、病に冒された母親から「自分が死ぬまでを動画で撮影してほしい」と依頼される。母親の死後、動画をまとめて、映画として通っている学校で上映した優太だったが、その評価は散々なもの。傷ついた優太が自殺をしようとしたところ、とある少女に出会い映画を撮影することになり……。200ページにおよぶ大ボリュームの読み切りだ。