「重神機パンドーラ」追加キャストに津田健次郎、女と猫を愛するスナイパー

「重神機パンドーラ」第3弾ビジュアル。

テレビアニメ「重神機パンドーラ」の追加キャストが発表された。

今春より放送開始される「重神機パンドーラ」は、河森正治が原作と総監督を務めるオリジナルテレビアニメ。人類が滅亡の危機に瀕した事故“翔龍クライシス”を引き起こし、街を追放された科学者のレオン・ラウを描く近未来SF作品だ。

このたび明らかになったのは、女と猫を愛するスナイパー・ダグ・ホーバット役の津田健次郎。ダグは、前野智昭演じるレオン・ラウ、東山奈央演じるクイニ―・ヨウと同じく、多目的可変ビークル「MOEV(モーヴ)」の搭乗者で、微笑みと軽口を絶やさないムードメーカーだ。またキャスト発表とあわせて、第3弾キービジュアル、ダグとダグが搭乗するMOEVのビジュアルも解禁されている。

また3月24日に東京ビッグサイトにて開催される「AnimeJapan 2018」への出演も決定。イベントには河森監督、前野、津田が登壇する。

津田健次郎(ダグ・ホーバット)コメント

「重神機パンドーラ」への出演が決まった感想

ダグを是非演じたいと熱望していたので、演じられる事になった時はとても嬉しかったです。斜に構えた軽口と、重量感のある言葉が同居した役なのは事前に分かっていたので、やりがいのある役になるであろう事は予想していました。それだけにテンションが上がりました。ダグという掴み所の無い色男に寄り添い、彼のドラマを演じる事は楽しき時間です。ダグという男を深く魅力的に描ける様にしっかりと対峙していこうと思っています。

視聴者へのメッセージ

様々な要素がエンターテイメントに昇華されている作品です。主人公レオンを中心とした個性豊かなキャラクター達の群像劇、過去から現在そして未来へ繋がる物語。
重厚な人間ドラマとロボットアクションに彩られた世界観は、皆様の心に響くと思います。
モサモサ男とクセのある男や女や少女など様々なキャラクターと中華料理とキレのあるカッコイイ映像が量子力学してます(笑)。是非ご期待下さい。

河森正治(原作・総監督)コメント

ダグ・ホーバットについて

ダグは一見飄々としていて、ちょっとしたことでは動じないプロフェッショナルなバウンティハンター。本心をなかなか見せない陰のところも含めて、とても魅力的な存在です。
キャストの津田さんは一声聞いたときから、この人しかいない!と直感しました。
一言一言の細かい感情の機微を読み込み、それを絶妙なニュアンスで重層的に描き分けていただき、作り手の自分たちにとってもダグは憧れのキャラクターとなっています。
物語が進むにつれ、じわじわと明かされていくダグの過去や想いにもぜひ注目ください。
キービジュアルはTV シリーズとしてはかなり思い切った渋めの絵作りをすることが出来て、とても印象的な仕上がりになったと思います。
ダグの持つスキルの中には超絶的なスナイパーという側面もあり、このネオ翔龍の町の中で彼が真に狙うものはなにか。という感じもこめています。
キャラクターデザイン作業においてもハードボイルドかつ、どこか憎めない男としてお願いし、その魅力が伝わるキャラクターやビジュアルになっていると感じています。

「AnimeJapan 2018」

日時:2018年3月24 日(土)10:25~11:00
会場:東京ビッグサイト WHITE ステージ
登壇者:河森正治、前野智昭、津田健次郎ほか

テレビアニメ「重神機パンドーラ」

2018年春より放送開始

スタッフ

原作:河森正治サテライト
総監督:河森正治
監督:佐藤英一
シリーズ構成: 根元歳三
キャラクター原案:江端里沙
重神機デザイン:河森正治
制作:サテライト

キャスト

レオン・ラウ:前野智昭
クロエ・ラウ:東山奈央
クイニー・ヨウ:花澤香菜
ダグ・ホーバット:津田健次郎

(c)2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

関連記事